タイル浮きの状態を総合的に判断し最適な工法を提案いたします。

外壁診断ビルやマンション外壁のタイルの浮きについて、調査・診断を行っています。高性能赤外線カメラを使った温度差による調査にて、1枚単位で調査・解析します。建物の全てのタイルにおいてこの調査を行いますので、浮きタイルを見逃すことはありません。

赤外線カメラによる外壁調査

赤外線カメラ従来、建築物の外壁調査は、タイル一枚一枚の打音調査(打診法)によって浮きの調査を行っておりましたが、現在では赤外線調査(赤外線サーモグラフィ法)が主流となっております。

赤外線調査メリットとしては、以下があげられます。

  • 足場組やゴンドラ設置に要するコストが不要となりますので、調査費用(コスト)を大きく抑えることが可能となります。
  • 調査・解析・診断までの時間短縮が可能です。
  • 打診法による外壁調査での打診音の問題がありません。

実際の外壁診断画像

お気軽にお問い合わせください。0120-655-085受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ info@esuo.jp